So-net無料ブログ作成
検索選択
ほのぼの動画 ブログトップ

有田芳生 応援団 腹筋崩壊 [ほのぼの動画]

有田芳生 応援団 腹筋崩壊について書きます。


arita.jpg


今さっき、あまりにも面白い動画がありましたので
ぜひあなたにも見てもらいたいものがあります。
政治の話題ですが、面白くてほのぼのしていたので
ほのぼの動画として掲載します。





有田芳生先生が韓国人とみられる方たちから
国旗をふるって応援されるという非常にほのぼのした
動画ですが、この光景に有田芳生先生激怒。


この人たちは新自由主義の安倍政権下で駄目になった人達です

と、せっかく応援してくれた人たちに対して
失礼なことを言っているのです。
関係ないでしょって。



なお、笑えないよという方は今から有田芳生先生に
まつわる簡単な基礎知識を教えます。
彼は日本人が特定の人たち、在日朝鮮人や朝鮮人の方を差別するのが
許せなく、それで日本人の彼らに対する差別は

ヘイトスピーチだ! というように言って、
在日朝鮮人の権利のために立ち上がり、日本人たちに立ち向かうという
ある意味素晴らしい先生でございます。


日本には色々な民族がいるし、有田芳生先生のしていることは
そりゃ日本人からすると腹立ちますよ。
実際に在日朝鮮人が日本で犯罪しても通名報道で
本名でなく日本名(ニックネーム)で検挙されるのですから。

それに日本になじむかと思ったら逆に日本を乏して
あわよくば国家転覆させてめちゃくちゃにしようとしているのですもの。
もちろん、すべての財に朝鮮人がこんなことしません。

これだって一部の在日でしょう。
で、有田芳生先生は日本人が在日朝鮮人に対する差別を
何とか改善したい、ということで日本人に敵対するようになりました。


なので、今回の韓国や中国の旗を持って応援されるのは
ある意味素晴らしいことだし、むしろそれで応援されないと
おかしいのです。

でも、怒っております。
まあ、なぜ怒っているかはわかりますよね。


ということでこちらにはもっと面白い有田芳生先生の
スピーチがありますのでご覧ください。
ニコニコなので消される可能性もあります、お早目に。






これに興味をもったらぜひ政治について調べましょう。
AKBも面白いし、こっちはこっちで面白いですよ。
しかし、腹が痛くて呼吸困難に陥りました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

エスカレーターで滑るお馬鹿さん [ほのぼの動画]

eska.jpg




おはようございます。
今日もほのぼのした後にきっつい事件が入ったので
それについて取り上げていこうかと。


まず、エスカレーターで滑る男性。
どうなるのかと言ったら見事、ぶっ飛ばされました。
いやあ、これ面白いです。


といっても普通に見ていたらこれだけなんですけれど、
物理の運動法則として見たらこれがまた面白くて。

ということでちょっとした物理学の話とからめてしようかと。
このブログの読者にどれだけ物理を学んでいる人がいるか
どうかわからないけれど、ちょっと聞いてください。


高校物理の範囲でこのおじさんのエスカレーター滑って
床にドカーンとぶつけた。
物理なら力学の運動方程式とエネルギー保存を考えると
結構面白く見れると思います。


とはいえ、摩擦は少々あるからエネルギー保存は
厳密には成り立ちません。
おじさんが摩擦のない状態、たとえば風俗なんかでよく
使われるローションをべっとり塗れば、
おじさんはものすごい勢いで床と衝突するでしょう。
摩擦を限りなく小さくすることによって、です。


ということで、エスカレーターの手すりに乗っかり
滑って床にぶつかる。
そういえば東京駅でエスカレーターがいきなり停まり
腰痛そうなおじさんが辛そうな顔して
歩いているのを思い出しました。


あなたは何を思い出します?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

ボーリングハプニング集が面白いので [ほのぼの動画]

ボーリングハプニング集について書きます。

bowling.jpg


おはようございます。
朝って何が一番必要なのかというと、笑いです。
ということで笑うためにこんな動画を見ました。





ボーリングをしたことある人はわかると思いますが
あのボーリングを投げた時の床はすべる滑る。
私も最初のころはあそこまでいって滑った記憶があります。


しかし、ボーリングってこう見ると面白いけれど
実際にやるとかなり危険ですね。
ボール、いくつか危ないのがあって
あれが人間にあたったら致命傷になるもの結構あります。


それでも、動画に上がっているのはそこまで危険じゃないから、
見ていて安心はできます。
ボーリングするとき、基本的に私は友人や家族でやるのですが
ボーリングをやるときは結構頭を使います。


本当にストライク取るときはそれこそ、
レーンの構造からボールの重さや投げたときの感覚。
こういったものを統計とって計算していき、
そしてデータをまとめて投げていくと、
高確率でストライクになります。


ただ、そういうことを考えなくても息抜きに
おらああああああああああって投げたくなることもあるので
そういう時はそうしています。


本気で勝つなら統計を取る。
まずは自分のデータをこれでもかというくらい取りまして、
その後に相手の行動を見ていく。

意外と孫子の兵法がこういうところで発揮されます。
なお、ボーリングに統計を取り入れたのは
テニヌことテニスの王子様の乾君のおかげでございます。


乾君のデータテニスが自分はお気に入りです。
でも負けたら乾汁は勘弁してください(汗


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ボクシングする猫 国際司法裁判所 竹島 ハーグ [ほのぼの動画]

ボクシング 興奮 猫 国際司法裁判所 ハーグについて書きます

neko.jpg


おはようございます。
たまにのんびりしようと思ってこんな動画を見つけました。





猫がボクシング選手になりきって、ひたすら試合をしている。
そういう動画ですね。
これを見ると子供のころ、自分がウルトラマンとなったり
カメンライダーとなったり、あるいはプリキュア(笑)となったりと、
自分がヒーローとしてあたかも悪い奴と戦う。


そんな昔の自分を思い出したのです。
あなたもそういうことありません?
ヒーロー願望といいますか。


で、これは猫がボクシングをしてこんな風に見えます。
「へ、この雑魚が」

しかし、実際に戦ったら猫は即座に逃げるでしょう。
これを見ると、ちょっと政治の視点で見たら面白いなあ
というのが一つありました。


そう、竹島問題で日本と韓国で争うべきのものを
韓国は今、国連やアメリカなどを巻き込んで自分たちを
有利に交渉しております、ロビー活動です。

他には自称日本人が竹島に行き、「独島は韓国領だ」
と叫んだりと、自称日本人を使って積極的に
独島活動を繰り広げております。


で、ハーグ(オランダにある)には国際司法裁判所というのがあり、
韓国が日本を訴えたら、日本は決まりに従って必ず出なければ
ならないのです。


で、先日韓国の尹炳世外相はこんなことを述べていました。

「韓国が協議を要請しているが、まだ日本が応じていない」


でも、日本は決まりに従って、韓国が訴えたら即座に
日本は強制的に出なければならないんです。
すなわち、韓国は訴えていないってことです。


猫のボクシングを見ていると、どうも政治に結び付けると
面白いなあ、と勝手に思うのですがどうでしょう。


なお、たとえ話ですが猫が誰を示して
テレビボクサーが誰、どんな状態を示しているかは
記事をもとに推測してください。


もし推測できなかったら、もう一度この記事をじっくり読んでください。



しかし、猫がボクシングをしているところは可愛いのに
これをちょっと政治の問題に風刺として置き換えたら
面白いなあと感じるのは私だけでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い
ほのぼの動画 ブログトップ
i-mobile
i-mobile
i-mobile

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。