So-net無料ブログ作成

野口健さんが韓国で日本人差別を受けた時、左翼同士(共産党)で内戦が行われていた [差別や批判など]

野口健 日本人差別 共産党 日本共産党 しばき隊 内ゲバ 伊藤岳 金子洋 観光 について書きます。


おはようございます。
今日はお困りの国の話題になりますが、登山家の野口健さんがツイッターにおいて
韓国に訪問した時、日本人かといわれてそうだと言ったら車から降りろと
言われ、同時に乗った金は払えと腹の立つ要求を受けて憤慨した。

すると今話題の嫌韓ですから大事になってしまいました。
これは翌日自分のツイッターがヤフーニュースなどに掲載されたときの
野口さんの反応ですけれど、こういった情報の積み重ねが韓国に行くのは危険だ。
ということにつながりますね。

te.jpg

ということで韓国ネタは別にひろうこともなくどんどん入ってくるようになります。
その目的の一つは韓国ネタは盛り上がるということもありますが
同時に反面教師な部分もあると思います。

実際、ネットの情報により韓国に日本人が行くのは自分から不幸な人間になろうとすることだ。
という情報が刷り込まれているのか(私含めて)、日本人の観光客数が激減中とのことです。
それで韓国側は日本人が観光に来てもらうために

文化や観光の交流は、政治外交と区別して発展させていくべきだ
といいながら、何とか日本人に金を落としてもらおうとあれこれやっています。


しかし、この前のワンピース韓国での展示会において旭日旗がある。
という理由だけで、前日に展示会がドタキャンされる事件が起きました。

onepiece534.jpg

ぶっちゃけ、韓国のワンピースファンからすると旭日旗なんてどうでもいいことでしょう。
むしろそれを知っていても展示会に足を運びたい。
しかし今の韓国社会がそれを許さない。ということで中止に追い込まれた。

これ一つから見ても、文化や観光の交流は、政治外交と区別して発展させていく
という意見が崩れていくのが分かります。
後、日本人は一度嫌いだすと徹底的に嫌うようになり、そっといなくなる習性があります。

韓国は今、中国人の観光客であふれていると聞きましたが、
日本よりもはるかにケチなので、ほとんど観光収入がない状態です。

で、その考えは日本への観光にも悪用されて
あちらのガイドブックでは日本人はお人よしだからそれを利用して
なるべくお金(電話代など)を使わないようにゴリ押ししなさい。

といったとんでもないことを教えることもあり、正直そういう蓄積が嫌われる。
ということをわかっているのか? 問いただしたいものです。


そんな中、共産党が小競り合いをネットで起こしています。
一つ目は東京都中野区の金子洋区議がツイッターのヤジに対して

kaneko.jpg

と、顔を真っ赤にして反論しています。
これが他の同党員から「不適切な発言だ」と指摘されつつすぐに拡散。
そして自分の発言に責任を持って辞職したということです。


もう一つは共産党の伊藤岳さんがツイッターで「殺す」という言葉は使わないほうがいい。
安倍総理がどんなに暴走して憎い気持ちになっても「殺す」という言葉は絶対によくない。
と発言したところ、一気に炎上になりました。

hr.jpg

もちろん炎上の中心はしばき隊ですが、日本共産党がドン引きするほど
こちらの暴力共産党は平和のためなら人殺しも結構という考え。
怖いというよりもう一度日本の政治の勉強をやり直せと言いたくなりますね。

こういうところを普段からしているため、公安のがさ入れをやられたり
脱原発、そして集団的自衛権の反対においても公安に写真を撮られるのでしょう。


ということで、韓国関連のネタだとものすごく書ける自分に気が付きつつ、
彼らの活動を見ていると平和って本当に何だろう。
ということを改めて考えてしまいます。

実際、私の考えは戦争は殺し合いをしていないだけで
情報戦争はすでに繰り広げられており、南の島では中国のプロパガンダが効いて
日本下げ工作を立派にできているということです。

オーストラリアがそういったところに危機感を持っているため、
日本となんとしてでも話をしたかった。


で、最後になりますが戦争に勝つにはどうしたらいいのか。
まずは日本人として歴史を学び直しつつ、勤勉かつ相手が何者だろうと萎縮しない自分を作る。
声の大きくて暴力的な奴にはつい、委縮してしまいますが、それじゃあだめだ。
というのを今の日本は学んでいます。

実際、声の大きくて萎縮させようとする奴はこちらが声を上げて反対に
「場合によっては相手を殺してしまうかもしれない」という決死の覚悟で相手に向き合えば
たいていは相手がひるみます。


いずれにしろ、日本という国が激動の波にのまれるのは必死です。
それに飲まれないように知力をつけて抵抗していくしかないでしょう。

asoko.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

i-mobile
i-mobile
i-mobile

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。